ここには要注意!メール配信サービスのデメリットとは?

誤送信のリスクや使用料などの負担

代行のメール配信サービスにはメリットが多い反面、いくつか注意しておきたいデメリットもあります。
その中でもよく知られているのが、誤送信に関するリスクです。一見すると代行サービスは専門家が行うので誤送信はないだろうと思われがちですが、自分たちがメールアドレスや渡すリストを間違えてしまったり代行サービス側のミスがあった場合は誤送信されてしまう可能性があります。一度誤送信してしまうと顧客が離れてしまうリスクがあるので、注意が必要です。
また代行のメール配信サービスなので利用する場合には当然料金が発生してきますし、継続使用する際にはそれなりの費用を負担し続けなければいけません。これに関しては仕方ないデメリットではあるものの、収益と比較して利用し続けるべきかどうかを検討する必要があります。

ほかにもいくつかあるデメリット

ほかにもメール配信の代行サービスを利用する場合のデメリットとしては、新規顧客の獲得数によっては利用を続けるところが難しい点があります。
実はメール配信を代行してもらう場合でもいくつか自分たちで操作しなければいけない部分があり、アドバイスをもらいながら操作できるものの若干の手間を含んでいます。またメール配信での新規顧客確保や商品・サービスのアピールにも限界があるので、代行サービスを使ったからと言って劇的な新規顧客の確保に繋げられるのかというとそういうわけではない部分もみられるのです。
この結果、代行サービスを使ったのにあまり結果を得られなかったというケースもあるので、その場合はメール配信そのものを見直していくのが大切です。

© Copyright Excellent Mail Suppliers. All Rights Reserved.